盛岡さんさ踊り振興協議会 本文へジャンプ
盛岡さんさ踊りの由来


イメージ 藩政時代から受け継がれてきた盛岡さんさ踊りの起源は、三ッ石伝説に由来します。その昔、南部盛岡城下に羅刹鬼(らせつき)という鬼が現れ、悪さをしてあばれておりました。困り果てた里人たちが、三ッ石の神様に退治を祈願したところ、願いが聞き入れられ、鬼は「もう二度と悪さをいたしません」と誓いの手形を境内の三ツ石に押します。これが「岩手」の名の由来と言われています。鬼の退散を喜んだ里人たちが、三ッ石のまわりを「さんささんさ」と囃し立てて踊ったのがこの魅力的な踊りの始まりだと言われています。